日々学んだことや買った物について、チラシの裏レベルのメモ。PC系の話題を中心に幅広く。

物欲と学びの日々~いいネットライフのために~

ダイエット・健康

エコノミークラス症候群の予防と対策

投稿日:2016年4月21日 更新日:

この度の熊本を中心とした一連の地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
被災地外に住む者にとってすべき事は支援(後述)はもちろんの事、それに加えて災害から得た教訓・知識を今後に生かしていく事も必要かと思います。
現在被災地で問題になっているエコノミークラス症候群について予防方法と対策を少し調べて見たので書いてみたいと思います。

エコノミークラス症候群とは

足の静脈の血流が滞る事で血の塊(血栓)ができ、それが血の流れに乗って肺の血管を詰まらせる病気です。
足を動かさずに長い時間同じ姿勢を取り続けると血栓ができやすいため、発症する危険性が高まります。
「エコノミークラス症候群」という病名はあくまで通称で、「肺塞栓症」が正式な病名です。飛行機等の狭い場所に長い時間座っている場合に発症する事が多いのでこのような通称で呼ばれています。

エコノミークラス症候群の原因と初期症状

初期症状としては、呼吸困難や胸の痛みが見られます。
ふくらはぎなど、太ももより下にむくみや痛みが出た場合にはエコノミークラス症候群の兆候の可能性があるので、早めに医師に相談した方が良いかと思います。

注射薬で血栓を溶かしたり、飲み薬を服用して治療する事になります。

今回の地震や、以前の新潟県中越地震でもこの病気で亡くなられた方がいるように、重症の場合は命にもかかわります。

高齢者や太った人、糖尿病や高血圧等といった生活習慣病の人、妊娠中・出産後の女性は血栓ができやすいため特に注意が必要と言われています。
ただ、これらに当てはまらない場合でもだれでもかかり得る可能性のある病気なので注意が必要です。
長時間同じ姿勢を取り続ける事が原因に繋がりやすい事から、デスクワーク主体の仕事をしている人も十分注意する必要があります。

エコノミークラス症候群の予防方法

まずは長い時間同じ姿勢になり続けないようある程度の時間ごとに歩く等の運動や、足を動かすようにしましょう。
飛行機の中等、動くことができない場合にはせめて足先だけでも動かす運動したり、ふくらはぎをもむ等が有効です。
足先の運動には、以下のような方法があります。
・足の甲を伸ばしてつま先を上げ下げする。
・足の指を閉じたり開いたりする。
・足首を回す。

また、こまめな水分補給も重要です。

他にも弾性ストッキングの着用も有効です。
「ストッキング」と呼ばれていますが、男性用もあるので誰でも使う事ができます。

災害復興のため私たちができる支援

今回の熊本での地震をはじめとする大きな震災の際、被災地以外に住む人ができる支援で一番有効なのはやはり募金です。
避難所での物資の不足が報じられる事から支援物資を送りたくもなりますが、中身の分別等に手を取られ、かえって大きな混乱を招いてしまう事もあるようです。
物資の調達や配分はしかるべき団体に任せる事として、やはりその準備のためストレートですがお金が良いかと思います。

色々な団体が募金を募っていますが、中には集めた自分の懐に入れてしまう不届きな所もあるようです。
そのため、日本赤十字社赤い羽根共同募金といった実績のある大きな団体に託すのが良いかと個人的には思います。

また、TポイントやPontaポイントなど、ポイントでの寄付を受け付けているサイトも多数あります。これらポイントでの寄付も小口から気軽に行えるので大変有効かと思います。

その他、この考えには賛否両論ありそうですが、個人的には過度に何でも自粛するよりは現地の特産品を買い、経済を動かす事の方が大事かと思います。
現に下の動画は、東北大震災の時に自粛よりも現地の品物を買って欲しいと現地の方が訴えるために作られたものです。
(私自身の話になりますが、この震災の際ある程度被災地が落ち着いた段階で東北に旅行し、現地の方からお礼を言われた経験もあります。)

私も晩酌には「しろ」などの熊本の焼酎、食事には馬刺しなどの特産品を積極的に取り入れるようにしたいと思います。

幸い大きな被害が周囲にはなかったものの、かつて阪神・淡路大震災を身近に経験した者として、助け合いの心は忘れたくないと改めて感じさせられました。

-ダイエット・健康
-, ,

Copyright© 物欲と学びの日々~いいネットライフのために~ , 2017 AllRights Reserved.